追徴課税の体験談

追徴課税体験談

追徴課税を受けるには、先ず税務調査から入ります。

 

税務調査の結果、隠蔽や申告漏れを指摘されて修正申告してから追徴課税額の請求があって始めて追徴課税を受けたことになります。

 

追徴課税と一口に言ってもいくつかの税金の合算であると考えて下さい。

 

詳しくはあらためて説明致しますが、ここでは追徴課税を実際に受けられたお話をまとめ紹介しています。
実際に追徴課税を受けた方(事業経営者)の投稿やヒアリングでお聞きした体験談を綴っております。

 

脱税をするつもりであった話も、不可抗力から事案となってしまった場合など参考になる体験談を紹介。

 

※このサイトでは、知識として追徴課税を知って頂く事を目指しています。脱税や節税を推奨するものではありません。

 

 

 

体験談を読んで考えて頂きたい事

 

追業課税の話を聞いてどのように感じられましたでしょうか?

 

本当に事業者の誰もが遭遇する事なのです。

 

それが、税理士との顧問契約を行っていないところは高い確率で狙われているかも知れません。

 

たとえ、税理士さんの指導の下に経理を行っていたとしても、絶対に大丈夫とも言い切れません。

 

これは、事業を行っていると100%免れるという事はありません。

 

つまり、誰もがそのリスクに晒されています。
絶対的に税理士さんの契約が無いところはツッコミどころが多いので税務調査の対象になる確率が高いのも事実です。

 

どんなに完全な防御は完全な経理と申告と言えますが、税務調査を確実に免れるかどうかは難しいです。

 

本当に安全はありませんが、必ず遭遇すると考えれば正しい申告と納税を心がけ、実行する事ではないでしょうか。

 

ここには、不本意にも(残念ながら)調査が入り追徴課税を受けた方のお話しを掲載しています。

 

その内容を見てどのようにお感じになるかはそれぞれでしょう。

 

もしかしたら体験を読んで笑う方も居るでしょう。逆に気の毒だと感じられる方もいるでしょう。

 

いずれにしても私たちは事業者として負う義務を全うしなくてはなりません。

 

その覚悟をもって事業に勤めて下さい。

追徴課税の体験談を募集します。

追徴課税の体験を募集します。

 

追徴課税に驚いた、重加算税の額にどうして良いか分からなくなったというリアルな体験談を募集しています。

 

思っている以上に大きな額を提示された方も少なくありません。

 

どうやって支払ったのか。
支払わなくて良いようになったなど様々なお話しが有るかとも思います。

 

そんなリアルな体験談をお送り下さい。